株式会社 Fg
ホーム   事業内容   工事の流れ   会社案内   業者様
                 
実績紹介   ブログ   リンク   採用情報   お問合せ

  ホーム > 工事の流れ



工事の流れ


1.         


2.  掘削状況           


4.  砕石を敷く            


5.  締固め           


6. 捨てコンクリート打設         

 

  捨てコンクリート完了          


7.  型枠の加工           


8.  基礎型枠・鉄筋          


9.  コンクリート試験            


10.  基礎コンクリート打設       


11.  外型枠建込み           


12.  壁配筋             


13.  内型枠の返し作業         


14.  階段型枠 

           


15.  スラブ型枠・スラブ配筋           


16.  1F壁、2F床
    生コン打設完了 
           






建物が建つまで


@ 地盤調査 ------------------------------------------ 


A 杭工事 ---------------------------------------------

B 掘削工事 ------------------------------------------

C 基礎工事 ------------------------------------------


D 生コンクリート打設 ---------------------------


D 地上階の型枠・鉄筋・電気・設備・足場の工事
構造物などを立てる際に必要になる地盤の性質や把握などを目的として地盤を調査します。
この調査により、地盤強度が判明し設計を行い構造物が施工できる様になります。

地盤調査に基づき、杭の種類や杭の長さ杭を打つのかが決まります。

基礎の形状に合わせ、土や石を掘り出し砕石を敷き転圧をし、捨コンクリートを打設します。

地盤調査設計基準に基づき、その土地の地盤に適した基礎形状を選びます。その基礎形状に合わせ捨て
コンクリートを打設、その上に墨を出しその墨に合わせ型枠・鉄筋を組みます。

組み終わった型枠に生コンクリートを流し込み固まるまで養生します。硬化後、強度を確認し脱型します。


足場→外型枠→壁配筋(鉄筋)→電気・設備→内型枠→スラブ型枠→スラブ配筋(鉄筋)
→電気・設備→スラブ上型枠→生コンクリート打設→十分な養生時間をおいて脱型します。











Copyright  Fg CO., LTD  All rights reserved.